おいしいって何? その2

赤鶏手羽先

 おいしいって何だろう・・・

味覚とは、「甘味」「酸味」「塩味」「苦味」「旨味」
この5つの「基本味」によって成り立ちます。
※「辛味」「渋味」などは味覚というより、痛覚や触覚に近いものです。
人間がこの5つの味を見分けられるには生態的な理由があります。
「甘味」・・エネルギー源となる物質を要求させる
「酸味」・・腐敗したものを見分ける
「塩味」・・体液などに必要なミネラル分を要求させる
「苦味」・・毒物を見分ける
「旨味」・・生体維持の為に必要なアミノ酸、核酸、有機酸を要求させる

生きていく上に必要なものを体が欲する様に、また害するものを分別する為に味覚がある訳ですね。
※「酸味」「苦味」は学習(何度も食べる経験)することによって「おいしい」要素になるそうです。
と言うことは、「おいしい」ものを食べる事は、とても体に良いのです!!

では、おいしいものを作るこの5味は何から得られるかと言うと・・
「甘味」は砂糖、「酸味」は酢、「塩味」は塩、「苦味」はお茶などのカフェイン、と何となく想像できますね。
では「旨味」は何から得られるのでしょうか??

「旨味」は様々な食べ物、素材そのものに含まれているのです!!

次回は「旨味」の分類とその食材について。