おいしいって何? その1

骨付きもも

 おいしいって何だろう・・・

自社農場、自社精肉そして自社調理をすることで、鶏肉のおいしさを沢山の人に伝えたい。

そんな思いで始めたお店ですが、「おいしい」って人それぞれ違いますよね。

では、自分が今考えているおいしいって何なのか?

何回かに分けてブログしていきたいと思います。まあ自分のアタマの中を整理する意も兼ねてですが(^^:

 人が「美味しい」と感じる時に、影響を与える要素は主に5つあります。

「味」「香り」「食感」「見た目」「音」

ジューーーって皮パリって焼いたもも肉。ふっくらと焼き上がったそれにナイフを入れると、中から香ばしい香りと共に肉汁が滴り落ちます。程よい歯ごたえと、ほんのり岩塩の塩味が濃厚なお肉の味を引き立てます。

こんな感じですよね。おいしいって。

この5つの要素の好みが、人それぞれなんですよね。。

しかし、人それぞれとはいえ、生物としての普遍的な何かがあるのではなかろうか?

「味」

動物にも好き嫌いありますよね。人間ほど濃い味付けの食べ物は余り食べません。

では何が基準になっているのでしょうか?

「旨み」ではないでしょうか?鶏肉の旨みって何なのでしょうか?鶏肉によって旨みって変わるのか?

次回はこの「旨み」について。